女の人

書道と習字について

書道

書道には習字と芸術の二面があります。書道家になるには一般的に両方のスキルが必要だとされています。教員や書道教室の先生になるには習字のスキルを上げることを目指すことがいいでしょう。筆耕の職業では必ずしも必要ではありません。

詳細を確認する...

幅広い分野で活かせる

講師

東京でnlpに興味があるものの、授業を受けるか迷っている方は、お得な体験授業を利用してみるのも1つの手です。またnlpにはコミュニケーション能力を身につけるなどのメリットがあることを知り、どのように自分の仕事や普段の生活に活かせるのか知っておくことも大切です。

詳細を確認する...

メンタルサポートを学ぶ

講義

メンタル面をサポートする

メンタル面のサポートを行うスキルの代表として、コーチングやnlpがあります。実際、どちらのスキルから身に付ければ良いのか、迷っている人もいるでしょう。コーチングとnlpはまず、その目的が異なります。コーチングは目標達成を目的としたもので、ポジティブにメンタルをサポートする技術です。一方のnlpは、問題解決からの目標達成を目的としたもので、ネガティブもポジティブも、両方のメンタルをサポートするためのスキルです。また、コーチングとnlpは、得意分野も異なります。コーチングは、言語や思考を中心としたスキルで、左脳的でもあるため、主にビジネスシーンで活用されています。一方のnlpは、セラピーから始まっているので、右脳的な感情やコミュニケーションを大切にします。まずその前提があって、ビジネスなど様々な分野に活用されています。

スキルをスクールで学ぶ

コーチングとnlp、どちらを学んだらよいか、という問題がありますが、スクールによっては一緒に学ぶこともできます。むしろ、何を目的として学ぶかの方が重要です。特にnlpは適用範囲が広いので、スクールによって得意分野が異なります。ビジネスか、医療か、教育か、或はスポーツなのかによって、集まってくる受講者も違ってくるでしょう。また、スクールの数が多いだけに、講師のレベルも様々です。時にはアルバイトや講師になりたての人もいるでしょう。できれば、過去の研修実績が多く、社会での実務経験がある人がよいです。得意分野が、自分の目指す方向に近いかも重要です。例えば、医療系なら、ビジネス寄りの講師より、医療経験がある人の方がよいでしょう。自分の目的にあったスクール選びを心がけましょう。

福祉サービスの要

男女

日常生活を営むのに支障がある人達の相談に乗ったり、助言をしたりするのが国家資格を持つ「社会福祉士」です。福祉サービスの専門家として行政や病院、保健などの現場で活躍しています。人に寄り添う仕事がしたいと考えている新潟の皆さま、社会福祉士を目指しませんか。

詳細を確認する...